Editorial

Building Better Workplaces: 7 Trends That Can Make the Future of Work Better |

より良い職場を作る: 将来の業務改善を可能にする7つのトレンド

Alfredo Castro, Executive Director, Partner and Founder | アルフレード・カストロ, 常務取締役、パートナー、創立者
MOT Training and Development


How can HR take advantage of predicted trends and current innovations to create better workplaces of the future? |より良い職場を将来に創造するためHRはどうのように、予想されるトレンドと今すでにあるイノベーションを活用することができるか。

Originally written in English

Somewhere in India, a team of computer programmers is developing entire complex systems. They are communicating and interacting daily with designers in France and Korea, and all of these crews and individuals, separately but together, are working on a single objective to help develop products that are manufactured in Vietnam and sold in Brazil.

Such a scenario would have been called innovative in the recent past, but with telecommuting growing by 115 percent in a 10 years, it’s now a daily, taken-for-granted norm in workplaces across the world.

While the level of technology we have today is making it possible for leaders to break down barriers to global business that seemed insurmountable in the past, business leaders are also grappling with other factors that are transforming the workplace, including: 

  • New generations in the workplace creating new cultural demands
  • New technology creating new pathways to interaction
  • New lifestyle patterns creating new possibilities in terms of careers and the human lifecycle.

As these shifts happen, HR professionals need to be aware of the trends that can be used to make the future workplace better.

1. AI Influencing and Disrupting the Workplace Status Quo
As robotics continues to evolve in terms of both task diversity and capacity, robots are expected to become keepers and sharers of internal information. They will speed up communications and increase productivity by providing instant access to the right data, at the right times. Integrated human being-machines will be crucial, disruptive and key for speeding up the business transformation.

Machine learning technology uses algorithms to create analytical models without the need for human intervention. The programs iteratively learn from large quantities of data by identifying patterns and trends. In the simplest of terms, these programs are capable of looking for answers in huge volumes of information. Machine learning has been slow to take off, but it’s in use among some HR professionals.  

2. The Growth of the Remote Workforce
Technology makes it easier than ever for employees to work from home, a café, a shared office space, or another country. Human resources departments can leverage the remote workforce to their advantage.

Contract work allows freelancers greater flexibility in their career, and it provides the same benefit to companies looking for talent. Rather than hiring employees full-time, organizations can tap into a global network of talented freelancers and independent contractors, building relationships on a short-term, project-by-project basis.

3. An Emphasis on Soft Skills
Executives “anticipate a growing requirement” for social skills in the workforce, according to the
Deloitte Global Human Capital Trends report. Instead of shifting away from interpersonal communication, technology may actually be increasing the number of peer-to-peer interactions.

Consider that 70 percent of executives surveyed believe that employees will spend more time on collaboration platforms in 2020 and beyond, and nearly half of organizations consider the “productivity of the hyperconnected workforce” to be a very important issue. While younger employees tend to be more tech-savvy than their seasoned colleagues, they’re also more likely to lack important soft skills. These types of interpersonal skills should be a priority in recruiting and training/development efforts for many organizations in the year ahead.

4. Employer Branding
The year 2020 will continue the trend of companies leveraging branding as a culture-building and recruiting tool. This requires a shift from being reactive to proactive. Rather than reacting to how their organization is perceived online — in reviews and ratings, for example — companies can exercise more control over the narrative. They can build creative marketing and social media campaigns that focus on company values. By doing so, organizations attract talent that matches their culture through self-selection. Prospective applicants’ interactions with a brand help them determine whether they’re a good fit for the company, and vice versa.

The important thing is for the company’s internal, day-to-day culture to match the brand that they’re sharing with the world. Because if there’s a disconnect, new hires will quickly realize, word will get out, and turnover rates could spike.

5. The Internet of Things
As the rise of cloud computing continues, we will face impactful changes in the way we manage the workforce. HR tech trends are moving fast. Cloud solutions are a big priority for human resources, and businesses are already making substantial investments. Increased use of this technology is likely to push HR expertise into middle management ranks.

This will unburden HR departments by repositioning middle-tier training and hierarchies. It may be that some tasks traditionally assigned to these teams get handed over to line managers. The focus of HR will move toward business performance management and execution. With the power of automation, businesses will free themselves from tedious, time-consuming obligations.

6. Learning in Different Modes
Virtual and augmented reality will impact learning strategies in the workplace. The term “virtual reality” is very familiar these days, and the biggest headlines on employee engagement tend to be associated with gaming. While it’s easy to assume that human resources and gaming are worlds apart, augmented reality, in any capacity, is concerned with building new worlds.

When it comes to HR tech trends, this can be extended to training scenarios. The implications for on-the-job learning are significant, as it will allow for real-world tasks to be combined with virtual instruction. This would enable employees to view learning prompts as they engage in hands-on activities.

7. Last but not least: HR will be even more strategic
HR has to accelerate its pace of involvement with business even more. Its contribution to business will need to become more impactful than ever before. Talent will be the biggest driver of new growth, and that needs to start now.

According to the Society for Human Resource Management (SHRM), the best approach to engage and retain employees is a balanced link between AI-powered tools and the human element. And the most effective way to leverage this link is to use it for decision making. Hiring, training, engaging and all kinds of people-related decisions can be made in a more data-supported, credible manner with AI. As the people function, HR has a big role to play here. Employees are no longer only people whose data or transactional requirements are to be managed by HR. They are the most powerful advantage any organization has over its competitors. HR's role is therefore being revisited and reshaped to ensure that it works toward improving an employee's overall experience and contribute to company results.

Will the global economy show continuing signs of improvement? The war for talent will continue, and possibly become more complex given emerging sectors and organizations that have entered the fray. For global HR professionals looking into the last leg of the Year 2019, this is the time to look ahead and hold on to our task of turning trends into opportunities to make the workplace (and the world) better.

英語原文からの翻訳

  インドのとある場所でのこと。コンピューター・プログラマーの一団が、複雑なシステム全体を開発しているところである。彼らは、フランスと韓国にいる個人ではあるが、製品開発を支援するという1つの目的のもとに働くデザイナーたちと連絡を取り合っている。この製品はベトナムで製造され、ブラジルで販売されるのである。  

  こうした状況はこれまでであれば革新的と呼ばれただろうが、ここ10年で115パーセント増加した在宅勤務の現状では、世界中の職場で、もはや日常的で当たり前なものとなっている。 

  今日の技術レベルがビジネスリーダーたちに、かつては克服不能と考えられてきた世界ビジネスの障壁を破壊することを可能にする一方、リーダーたちは、職場を変えつつある以下のような他の要因でも奮闘しているのである。すなわち、  

  • 新しい文化的要求を作り出している新世代
  • 意思疎通の新しい経路を作り出す新技術
  • キャリアとライフサイクルに新しい可能性を創造する新しいライフスタイル

 こうした変化のなか、HRプロは、将来の職場をより良くするために使用可能なトレンドに自覚的である必要がある。   

1.    職場の現状に、影響を与え、創造的破壊を実現する人工知能AI
  その任務の多様性と能力において進化を続けるなか、ロボットには、内部情報の保管者と分配者の役割が期待されるようになった。それは、適切なデータを適切なときに、即時アクセス可能とすることによって、意思疎通の加速と生産性の向上を計っていく。人間と機械の統合が、不可欠にして、破壊的創造のもと、業務変革加速の鍵となっていくであろう。  

  機械学習技術は、人間の介入なしに、分析的モデルを作り出すためにアルゴリズムを用いる。プログラムは膨大なデータから、パターンとトレンドを特定することで、繰り返し学習するのである。簡単に言えば、これらプログラムは、膨大な情報のなかに解答を見つけ出す能力を持っているのである。機械学習が軌道に乗るのに時間が掛かってはいるが、すでに活用しているHRプロもいる。      

2.リモート勤務者の増加
   技術は、従業員が自宅、喫茶店、共有オフィス、さらには外国で働くことを、かつてないほどに、簡単にしている。人事部は、リモート労働力を自らの強みとして活用することができる。

  請負仕事はフリーランサーの働き方に、より大きな柔軟性を与える一方、人材を探す企業にも、同じ恩恵をもたらす。従業員を常勤で雇うのではなく、企業は、能力のあるフリーランサーおよび独立系の請負業者と、短期的、事業ベースの関係を築くことで、世界規模のネットワークを利用することができるのである。     

3.ソフトスキルの重視
 デロイトのグローバル・ヒューマン・キャピタル・トレンドによれば、企業幹部たちは、職場でのソーシャルスキルに関して、その必要が高まっていくと予想している。対人コミュニケーションから遠ざかっていくのとは反対に、技術は、ユーザー同士の意思疎通の量を増大させているようだ。 

 回答した企業幹部の70パーセントが、2020年以降、従業員が協働プラットフォームにより多くの時間を割くようになるだろうと答え、企業の半分近くが、「高度に繋がれた労働力の生産性」が非常に重要な課題であると考えている。若手従業員が、年季が入った従業員に比べて、より技術に通じているという傾向がある一方、若手は、大切なソフトスキルに欠けがちである。これから多くの企業は、こうしたタイプの対人スキルを、採用・訓練・開発における優先課題とすべきである。    

4.雇用主としてのブランディング
  
2020年も企業がブランディングを企業文化作りと採用のための手段として活用する傾向が続くであろう。このことは後追い対応から先を見越した対応への転換を必要とする。オンライン上で、たとえば論評や評価で、自分の企業がどう見られているかを見てから対応するのではなく、企業は、体験談をもっと制御することができるのである。企業は、企業価値に重点を置いた、創造的なマーケティングとソーシャルメディアのキャンペーンを行うことができる。そうすることで、企業は求職者による自己選別によって、その文化にあった人材を引き付けるのである。応募を考えている者とブランドとの相互作用が、自分がその企業に向いているか、反対に企業が自分に向いているかを検討する助けになるのだ。   

  大切なことは、企業の内部的日常文化が、外部世界と共有するブランドと一致していることである。なぜなら、もし食い違いがあると、新規採用者は直ぐにそれに気づき、そのことが伝えられ、離職率が急上昇するかも知れないのである。

5.物のインターネットIOT
  
クラウドコンピューティングの増加につれて、労働力管理方法において影響力ある変化が起こるであろう。HR技術のトレンドは急速に変化している。クラウドは人材にとって優先事項であり、企業はすでにかなりの投資を行っている。この技術の利用の高まりがHRの専門性を中間管理職の仕事とするものと思われる。

   このことは中間層のトレーニングと階層制を作り変えることにより、人事部の負担を軽減することになるだろう。これまで人事チームに割り振られていた任務が現場管理職に移行することになるだろう。HRの焦点は、事業の実行と遂行に移るだろう。自動化の力により、企業は、手間と時間のかかる義務から自由になるのである。

 6.さまざまなやり方で学習
 仮想現実と拡張現実は、職場での学習戦略に影響を与えるであろう。今日「仮想現実」という語は、身近なものになっている。従業員エンゲージメントに関して、大見出しになっているものの多くがゲームと関係のあるものである。人事とゲームは両極端のものと考えられがちだが、拡張現実は、さまざまな形で、新世界構築に関係しているのである。

     HRの技術トレンドについて言えば、拡張現実は、トレーニングのシナリオにも適用することができる。仮想の指導事項を現実世界の任務と結び付け、実地学習との密接な関係を意義深いものとする。これにより、従業員は、実地活動を行うなかで、学習刺激を見つけ出すのである。

 7.最後だが同じく重要なこととして、HR が一層、戦略的となること
    HR
は事業関与のペースを一層加速しなければならない。HRの事業への貢献は、今まで以上に影響力を持つものとなる必要がある。人材が新しい成長のための最大の牽引役となるし、それはまさに今、始める必要があるのだ。

   米国SHRM(人材マネジメント協会)によれば、従業員をやる気にさせ、保持するための最善の方法は、人工知能と人的要素のバランスの取れた連携にあるという。この連携を活用するための最も効果的な方法は、意思決定のためにこれを使用することである。雇用、訓練、活性化など人関係全ての決定をデータにより裏打ちされた人工知能を用いた信頼性のあるやり方で行うことができる。人的機能を果たすものとして、HRには果たすべき大きな役割がある。HRが、データおよび取引要件を管理すべきなのは従業員に関してだけではない。人は、企業が競争相手に対して持てる最強の強みである。それゆえHRの役割は、見直しと再編を行うなかで、従業員の全般的経験改善に向けて働き、企業業績に貢献することである。

  世界経済は改善の兆しを示し続けるであろうか。人材獲得戦争は継続し、この争いに参加した新興のセクターと企業のことも考えるとより複雑なものとなるだろう。2019年の年の瀬に思いを巡らす世界的HRプロにとって、今こそが、職場(そして世界)をより良くするため、先を見越し、トレンドをチャンスへと変える役割を果たすべき時なのである。


***



Alfredo Castro is the executive director, partner and founder of MOT Training and Development, Inc., a consulting company based in Miami, USA and Sao Paulo, Brazil, that holds a portfolio of international large companies since 1995. |アルフレード・カストロ 世界的巨大企業を顧客に持つ、米国のマイアミとブラジルのサンパウロに拠点を置く、1995年創立のコンサルティン会社MOT Training and Development, Inc.の常務取締役、パートナー、創立者。


TELL US WHAT YOU THINK:



Share this page:


i






 
  


 
 
---Media Partners---
WSJ Asia Logo.jpg
 
   
 

 

      


 
© 2007-2015. The Japan HR Society (JHRS). All Rights Reserved.  c/o HR Central K.K. (The JHRS Secretariat), 3-29-2-712, Kamikodanaka, Nakahara-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa-ken 211-0053 JAPAN | Tel: +81(0)50-3394-0198 | Fax: +81(0)3-6745-9292 | Email Us. | Read our Privacy Policy.
Powered by Wild Apricot Membership Software